IMATS メイクアップ世界大会受賞履歴|Pan Makeup School |東京青山のヘアメイク・メイクアップスクール

 IMATS メイクアップ世界大会受賞履歴
INTERNATIONAL MAKE UP ARTIST TRADE SHOW

  
image
  
image毎年、アメリカとヨーロッパで開催される世界最大級のメイクアップトレードショーIMATS。
世界的なメイクアップアーティスト達による講演や、MAC・MAKE UP FOR EVERなどをはじめとする30社を超える化粧品ブランドのメイクアップデモンストレーションや新製品発表会。
最新映画に使用された造形物や衣装などの展示、そして学生によるコンテスト等、様々なイベントが行われ、世界中のアーティスト達が新作コスメの仕入れや情報交換をしあう場である。
image毎年、全世界よりオーディションを勝ち抜いて8名が選出されるこのコンテストは、プロフェッショナルの登竜門として、各分野のクリエイターから注目を集めている。
パンメークアップスクールからも、毎年コンテスト出場&受賞を果たしている。
  
image
2004年 ロサンゼルス大会ファイナル8
HAIR MAKE 永井ひろみ
(2003年1年週5コース)
image
2006年 ロサンゼルス大会準グランプリ受賞
HAIR MAKE 佐藤淳
(2005年1年週5コース)
image
2010年 ロサンゼルス大会ファイナル8
HAIR MAKE 櫻井 英理佳
(2009年1年週5コース)
image
2011年 ロサンゼルス大会グランプリ受賞作品
HAIR MAKE 竹部翔
(2010年1年週5コース)
image
2012年 ロサンゼルス大会第3位
HAIR MAKE 今泉里佳子
(2011年1年週5コース)
image
2013年 ニューヨーク大会グランプリ受賞
HAIR MAKE 吉留まどか
(2012年1年週5コース)
  

 IMATS ファイナリストインタビュー

image 




吉留まどか(2012年1年週5コース卒業)
2013年IMATS N.Y大会グランプリ受賞

卒業後、大手化粧品メーカー勤務の吉留さん。
IMATSに参加したきっかけから、現在の仕事にどのように影響しているかまでを
直撃☆インタビューです。



Q. IMATSになぜ参加したのですか?
---------------------------------------------------------
A. 
自分のメイクの枠や概念を広げたくて海外留学を決意しました。
  そしてせっかく海外に行くならIMATSも挑戦してみようと思ったのがきっかけです



Q. IMATS本番までの心境、状況、苦労したことは?
----------------------------------------------------------
A. 
IMATSでのテーマに沿いつつも、自分らしさ、華やかさ、配色、
  目を引くデザインが自分の中で納得できるものがなかなかできず、
  不安や緊張でいっぱいでした。
 


Q. IMATS本番の心境・会場の雰囲気はどうでしたか?
------------------------------------------------------------------
A. 
会場入りの際に開場待ちの長い行列を見て、一気に緊張が高まりました。
  2時間という制限時間の中で,全身を次々と急いで仕上げていかなくては
  ならないため、本番では周りが一切気にならず集中していましたが、
  最後に向かうにつれ、緊迫した雰囲気の中、楽しんでいる自分がいました。




Q. IMATSを終えていかがでしたか?
------------------------------------------------------------------
A. 
安堵感と今まで応援や協力してくれた仲間と先生方に感謝の
 気持ちでいっぱいでした。グランプリを獲った瞬間から涙を
 流しながら抱き合って、仲間と喜びを分かち合えたことが、
 何より嬉しかったです。
また会場で出会った全く知らない
 外国の方々に祝福してもらえたり、その後
facebook
で友達に
 なったりしました。
終わってからのNYの風景がコンペ前
 とは全く違う景色に見えたことが今でも印象に残っています。




Q. IMATSを通して得たものは?
------------------------------------------------------------------
A. 一番大きいものはIMATSの舞台でヘアメイクをした経験だと思います。

  経験は自信にもつながり、またもっとできるようになりたい、勉強したい
  というより強い意欲も得ることができました。
また海外留学で勉強した
  メイク、空気は私にとって、とても貴重なものでした。

 


Q. IMATS参加のメリットは?
------------------------------------------------------------------
A. 
経験面からは自分にとって衣装からヘアアクセ(ヘッドアクセ?)まで手がけた大きな一つの作品ができたこと、制限時間をより意識するようになったこと、練習で様々なメイクを試した知識等です。 他にはグランプリを獲ると、Makeup Artist magazine
での掲載と一年間無料購読、賞金、多くのメイクアップ賞品を頂けます。



Q. IMATS参加を目指している人へ
------------------------------------------------------------------
A. 
私はIMATSに応募した時から、まさか自分がグランプリを獲れるなんて発表されるその時まで思ってみませんでした。けれど、チャレンジする機会があるならやってみようと思ったのがきっかけでしたし、参加してよかったと心から思っています。
たとえ思うような結果でなくても学びや経験につながりますし、チャレンジにはプラスなことしかないと私は思っています。まずは経験してみないとわからないことってたくさんあるからです。是非積極的に何でもチャレンジしてみてください!そして幅広いジャンルで自分の作品を数多く作ってください。得るものが絶対にあるはずです(^^ 私もpan makeの先生方も皆様のチャレンジを応援します!!

 



image 




竹部 翔(2010年1年週5コース卒業)
2011年IMATS L.A大会グランプリ受賞

大会後、海外のVidal Sassoonでヘアを学び、
Roychell PV」 や「Stay Hungry」のヘアメイクやサロンワークを経て、独立、開業。
現在は
Hair bar es Tokyoにてオーナー兼ヘアメイクアップアーティストとして第一線で活躍中の竹部さん。
こちらも直撃☆インタビューです。



Q. IMATSになぜ参加したのですか?
---------------------------------------------------------
A. PANには
色々なカリキュラムがあり、一つ一つの知識や技術を学んでいく中で、
次第に自分の力を試したくなり、
IMATS
に挑戦してみました。

Q. IMATS本番までの心境、状況、苦労したことは?
----------------------------------------------------------
A.予選を通過してLA
に行ってから本選が終わるまでは「楽しい!!」の一言に尽きます。
必死というよりは、作品づくりの楽しさを格別に味わった期間でした。
 
 


Q. IMATSを終えていかがでしたか?
------------------------------------------------------------------
A. 本選の結果発表の時は、まさか自分がグランプリを取ると思っていなかったので、唖然としてしまいましたが、一緒にLA
に参加した仲間や先生達と泣きながら抱き合った時の感動は今でも忘れられません。


Q. IMATSを通して得たものは?
------------------------------------------------------------------
A. 
あの経験があったからこそ、今の自分にも自信が持てますし、はくが付いたと思います。一生価値のある経験を得ることができました。

 

Q.IMATS参加を目指している人へ

------------------------------------------------------------------
A.自分のプロセスって本当に大事だと思います。パンメークでは定期的に撮影会が行われていますが、自分は
IMATSに参加するために、全部の撮影会に参加していました。そこで、自分のメイク技術や表現のバリエーションを増やすことはもちろん、先生方の適切なアドバイスによって成長できたことも事実です。先生方には本当に感謝していますし、自分の実力を知るためにもBOOK制作って必要ですね。

 
 

Pagetop